カテゴリー別アーカイブ: ニュース

第8回 猫貴族

2月22日の「猫の日」に因み始まった猫企画展も、8回目を迎えます。猫作家は時々で代わり 皆さんかなりの猫好き。愛情あふれた作品は、猫好きな方、そうでない方にも心癒してくれます(*’▽’)

今回は14名の猫作家さんが油彩や水彩、日本画、造形など展示しますので、お気に入りの猫さんを探しにお越しください(=^・^=)

会期 2022年2月16日(水)~24日(木) ※2/21(月)お休み
   10:30~17:00(最終日は16時まで)

このハガキDMは「コロナドラゴンを打ち負かす”猫貴族”の図」をひとコマ漫画家の秋重殉二さんが描いた作品です。   

 

繋ぐ椅子展

寒い日が続いていますが、暦の上では春です。暖かい陽射しには程遠いようですが、近づく春を感じさせてくれる「繋ぐ椅子展」始まります。

会期 2022年2月9日(水)~13日(日)
   10:30~17:00(最終日は16時まで)

日本画家の本田郁實さんが、結婚式を待つ花嫁の座る椅子をテーマに描いた作品と、カメラマンの岩原俊一さんによる結婚式の写真を展示します。式に臨む前の新郎新婦の柔らかい表情は、春風のように感じさせ、花嫁を待つ椅子は観る人も心地よく感じさせてくれます。実の母娘の心の繋がりが伝わります。

門司区在住の本田郁實さんは、ギャラリーオリーブの木で制作した「もじ大里街あるきマップ」にとても関心を持っていただいたので、今回、同じ門司区で活動している赤煉瓦写真館FUのカメラマンである岩原俊一さんとのコラボレーションを企画してくれました。これからも同区で制作活動している方々とのコラボ企画を考えているとの事。楽しみです(^^♪

 

新春企画展「美の記憶」

新年あけましておめでとうございます。昨年はコロナ禍でも少しずつ平常に戻りつつある中で、展示会にお立ち寄り頂きましたこと心より感謝申し上げます。本年も感染対策の中で開催いたしますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

今年最初の新春企画展は、今までの展示会に於いて心に残る作品と、日本古来の陶磁器を展示します。

会期 2022年1月5日(水)~16日(日)※1/10(月)はお休み
   10:30~17:00(最終日は16時まで)

陶磁器 中島一燿「採泥器花入れ」、柴岡一海「備前焼」

市野雅彦「採泥器花入」

絵画 川野 裕一郎、近藤 克美、永野 宏三、原田 靖雄、

本田 義夫、本田 絃代、(故)松琴 政春

 

年末年始休みのお知らせ

今年最後の展示会が終り、ギャラリーオリーブの木はお休みに入ります。数年に一度の大寒波がやって来て、外はチラチラと雪も降っていますが風邪など引かないように、また来年の展示会もどうぞ宜しくお願い致します。。

 

サンタクロースの漫画展

漸く冬将軍到来の寒さになり、クリスマスも近づいて来ました。この時期にピッタリな展示会が始まります♪

門司区在住の秋重殉二さんが、ユニークでちょっと笑えるサンタクロースの漫画展を開催します。独特の画風で海外での受賞歴も多く、最近では「もじ大里街あるきマップ」のイラストマップを制作されました。ちょっぴり毒のあるサンタクロースをお楽しみ下さい(^^♪

初冬 創作4人展

今週は手作りの創作4人展で、それぞれ温かみのあるオリジナルの作品をギャラリー全体に展示しています。

今回初出展、創作服の久美さん。

ニット帽子作りの佐藤さんは、独自の編み方で綺麗な色の毛糸を合わせた素敵なニット帽です。

刺繡のSoraさんも初出展で、可愛い壁掛けなど展示。

いつも出展されているギャラリーゆうさんは就労支援施設の作業所で、制作された布花をクリスマスのリースやお正月飾りにアレンジした作品が並びます。

会期 2021年12月8日(水)~12日(日)
   10:30~17:00(最終日は15時迄)

 

 

第9回梅村旅人・弘子「写真」と「いけばな」二人展

日本全体に寒気が流れ込み、朝夕の冷え込みに驚いていると日中は穏やかな良いお天気です。それもまた来週には寒波がやってくるので気を付けなければ!

今回の展示会は、門司在住の梅村旅人さんの農事センターに咲くバラの写真と、「池坊」梅村弘子社中のいけばなを展示します。フィルターを通した独創的なバラの写真と、池坊の伝統的な「立花」や「生花」など、華やかな展示をお楽しみ下さい(^^♪

会期 2021年12月1日(水)~5日(日)
   10:30~17:00(最終日は16時迄)

 

 

ぎゃらりぃ虎静汰こしず 塚本教室作品展

荒れた天気も収まり、紅葉を楽しむ良い季節になって来ました♪

今週は、ぎゃらりぃ虎静汰こしずで教室を開催している塚本さんの教室展です。押絵や一閑張り、さげもん、小物人形などを、数多く展示します。手作りの楽しさが伝わって来るでしょう(^^♪

会期 2021年11月17日(水)~21日(日)
   10:30~17:00(最終日は16時迄)

本田絃代 作品展

最近気象予報が正確で、かなり冷え込んできています。体調に気を付け、短い秋を楽しみたいですね♪

今週の展示会は、去年同じ時期にされた本田絃代さんの2回目個展の開催です。前回に続きトルコのカッパドキアの奇岩群に影響を受けた心象風景の作品で「魂が揺さぶられる程の様々な感動を紡ぐように辿り、イメージを膨らませ、あたためた想いを燃焼し、存在観のある作品に昇華させたい」と絃代さん。

「特に今回は、長く続くコロナ禍で疲弊した心を癒して元気を取り戻し、収束後には自他共にそれぞれの形で一斉に咲き誇れる事を願っての作品展になれば」

まさに本田絃代さんの気持ちが伝わってくるような心象風景作品が18点(油彩4点、グワッシュ14点)並びます。

会期:2021年10月24日(水)~31日(日)
   10:30~17:00(最終日は16時迄)
「風の記憶E」(24.7×27.3)グワッシュ

 

「絵画二人展」宗岡卓治&斤狐

連日の暑さに「地球の温暖化」を肌身で感じていますが、今週末には、ようやく秋の訪れになりそうです。

今回の二人展、山口県在住で僧侶もされ、絵画教室講師をしている宗岡卓治さんは下関市美術協会会員、銀座画廊美の起源 取り扱い作家で油彩を展示。斤狐・ONOKOさんは門司区在住「意識と無意識から生み出される色彩と形態を画面に構成」合板にアクリル絵の具で描いた抽象画を展示します。
会期:2021年10月13日(水)~17日(日)
10:30~17:00(最終日は16時まで)